著作権法の設計思想

朝食を食べながら「著作権法を作り直すとしたらどうすべきか」を考えてました。この文書はその覚え書きです。

創作活動は社会の文化的発展に有益です。著作権法の目的は「創作活動を奨励すること」であり、その手段は「著作物の対価を保護すること」です。よって、社会の文化的発展により有益であるならば、著作権は制限され得るものです。実際に教育や報道や司法などにおける利用でしばしば著作権は制限されます。また、原著作物の対価が保護されている限り、二次創作(もちろん二次創作を自称するものにあらず)も奨励の対象になります。

しかるに、現実社会には様々な利害や圧力が存在することもあり、すべてのジャンルで同様な保護がなされているわけではありません。手厚い保護がなされている業界もあればそうでない業界もあるのは、そんな理由です。冷遇されている業界が更なる保護を求めるのであれば、組織だって社会的影響力を行使することが重要になると思います。

改善や継承などのドラフト(本当に未検証)

リンクなど

ARAI Satoshi ( arai@rumic.gr.jp )