うる星マニアが読む『ハルヒ』

3人以上からお薦めされた作品はできるだけ鑑賞するようにしています。

角川スニーカー文庫『涼宮ハルヒの憂鬱』(著者・谷川流、イラスト・いとうのいぢ)はその一つです。「とにかく『うる星』ファンなら読め」と言われました。なんでも、テーマ的にずいぶんと重なっているだけでなく、パロディも多いとのこと。どうやら、推薦者たちは「うる星マニアがこの作品に対してどのような感想を抱くのか」を知りたいようです。

まったく、小説は眼が疲れるのであまり読めないというのに(苦笑)

私が事前に知っていた情報は「アニメ化されている」「ビューティフルドリーマーなどと同じテーマを扱っている」「ナガトというキャラがいて彼は観察者である」「主人公に歴史リセット能力がある」ぐらいです。

そして私は、『うる星』についてものすごく詳しいです。『うる星2・ビューティフルドリーマー』ならほぼ全台詞を暗記しているはずです。きっと、『ハルヒ』の作者さんやアニメ製作スタッフの誰よりも詳しいでしょう。

つまり、『うる星』関連の元ネタをほぼ全て発見できるだろうということです。

もちろん、共通するテーマが全て『うる星』の専売特許だとは思ってません。

推薦者の薦めに従って、1巻・3巻・2巻・4巻の順で読むことにします。

感想など

追記する予定

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )