「豆蔵」と「マ・メゾン」

「豆蔵」を実際に見かけたことは実は一度もないくせに、「マ・メゾン」を見かけることはしばしばあります。今日も出先で「マ・メゾン」を見かけました。この名前を見るたびに思い出すのはもちろん『めぞん一刻』のあのエピソードです。

似たような名前が原因で行き違いになり続けることなど、携帯電話や電子メールが普及した昨今ではほとんどありません。しかし、ふと考えてみますと、その代わりに遅刻する人が増えたように感じます。これは、簡単に連絡がつくゆえにかえって時間にルースな人が多くなったということでしょうか。

ビジネスだけでなくプライベートにおいても、約束の場所と時間は違えないようにしたいものです。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )