諸星あたるの優しさに学ぶ

ダーリンのやさしさが好きだっちゃ…

『うる星』ゲストキャラの中では、望(のぞみ)ちゃんがいちばん好きです。彼女は、単行本24巻「最後のデート」、そしてアニメ180話「ダーリンのやさしさが好きだっちゃ…」に登場する幽霊です。

入院中に諸星あたるに恋をし、思いを告げることもなく死んでしまった彼女は、幽霊となって諸星あたるにデートを申しみます。事情を知った諸星あたるは、彼女のために精一杯の優しさを見せ、彼女の手編みのセーターやマフラーやレッグウォーマーや手袋をして真夏のデートに臨みます。最後に彼女は成仏しますが、あたるは彼女が成仏した後も「もう少し着てる」と彼女の想いを大切にします。私はこの話が大好きです。

優しさは相手を大切にする気持ちであって、相手に気に入られるための言動とは異なるものです。「気を使ってくれてる」と相手に負担を感じさせることすらダメなこともあります(のぞみちゃんは鈍かったですが…)。

優しさを実現する為には強さが必要です。ここで強さとは、必ずしも相手を守るための戦闘力に限りません。相手の気持ちを察する能力や、相手を愉しませる教養やセンス、相手を支えることのできる経済力、辛い状況に耐える我慢強さなども含まれるものです。強さなき優しさは無力でしかなく、優しさなき強さは暴力にもなりえます。

そんなことを教えてくれるこのエピソードが好きです。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )