人権擁護法案

著作権法について「著作権法は、自由なファン活動を禁止するものだから反対する」のような意見がありました。その意見がどれだけばかばかしいものかは言うまでもありません。あらゆるファン活動のうち著作権者の権利を侵害するもの(盗作や海賊版出版など)は禁止されるものですが、一般のファン活動が禁止されるようなことはありません。人権擁護法案についても似たようなことが言えます。楽観的でも悲観的でもなく正しくその内容を理解することが重要だと思います。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )