歴史の道標

昔のファンたちの活動は新しいファンにとって参考になるものであると私は考えている。しかるに、20世紀のルーミックファンの活動など、もはや当時からのファンの記憶の片隅にしか残っておるまい。

そして今は、ルーミック史でいうところの『犬夜叉』時代だ。ファンの世界も大きく変わった。ファンの男女比率が完全に逆転したことなど、誰が予想できたであろうか。そして、昔の男女比率を今のファンのどれだけが想像できるのであろうか。

それほど遠くない時期に(恐らくはこの1〜2年内に)『犬夜叉』は終了を迎えることだろう。そろそろ、『犬夜叉』時代のファン活動を体系的にまとめる必要があるかも知れない。

追伸

誰か、まとめてくれ。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )