アニメ『Pの悲劇』

2003年7月5日24時55分からテレビ東京系列にて、高橋留美子劇場の第1話『Pの悲劇』が放映された。基本的には原作通りの展開であった。予想よりも丁寧に作らてていた。

ところで、この作品の中で腑に落ちないことがある。それは羽賀裕子が言う「人間のルールが奪うたくさんの自由」の内容である。なぜそれが「狭い部屋の中で鳴けないこと走れないこと」なのだろう。話の流れからすると「一緒に飼い主と住めなくなること」ではなかろうか?。確かに、ピットくんを預かった立場ではそう思うとしてもおかしくはないが、やはり少しずれているように思う。

筧さんの声は林原めぐみさん。印象としては、ダーク系らんま。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )