リンク集のバナー

卓上打算機のリンク集は、基本的に私(新井さとし)が使用するためのものである。従って、リンク先の紹介文も無ければ、バナーも使用していない。こんなシンプルなリンク集は今では少数派だ。

バナーはファンサイトに不可欠のものではないが、リンク元サイトの為に備えるのが一般的となっている。この卓上打算機も、しばらくはバナーを備えていなかった。バナーを作ったのはずいぶん後になってからだ。

さて、バナーを用いたリンク集におけるバナーの置き場所については大きく2通りの考え方がある。以前に新井語録のバナー利用法で記したことだが、リンク先のサイトのバナーに直接リンクを張るものと、バナーのコピーをリンクする側のサイトに置くものだ。

私の思想は「リンク先にあるバナーを表示」である。しかるに、リンク先の中には「バナーには直接リンクしないで下さい」と希望しているところもある。ディープリンクの場合と異なり、バナーの場合は他サイトのコンテンツをそのまま表示するわけだから著作権の問題が絡む。従って、もしバナーを用いたリンク集(オリジナルのバナーに直接にリンクをはるタイプ)を作るとしたら、リンク先の各サイトの許可を得ねばならないと考えている。それはとても面倒なことだ。これが、バナーを用いたリンク集を作らない理由の一つだ。

ところで、昨今では登録制リンク集というものがある。サイト管理者が、自分のサイトをリンク集(あるいはそれを生成するためのデータベース)に登録するシステムだ。

もしも私が登録制リンク集(バナー使用タイプ)を作るとしたら、バナーは絶対にリンク先のオリジナルへ直接にリンクして頂く。多くのサイト管理者がその登録内容を放置したままにするのが現実である以上、リンク先のサイトの閉鎖や名称変更を簡単にチェックできることはリンク集のクオリティを維持する上でとても重要だ。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )