さぶかるちゃ

1980年代のサブカルチャーに関する書籍に目を通すと、まず間違いなくルーミック作品に言及されている。ふと、「後世のサブカルチャー本で『犬夜叉』は言及されるのだろうか」と考えた。原作は人気あるしアニメも十分な視聴率を得ている。しかし、なぜか言及されるような気がしない。なぜだろう?

マンガやアニメに対する社会的認知が高まったことにより紙面自体は確かに増えるだろうが、それでも紙面が有限であることには変わりない。言及は最も大きな影響力を持っていた作品に対するものから始まる以上、いくら人気があろうともトップグループにいなければ言及されることはないようだ。そういえば、1980年代のマンガやアニメのうち中堅どころだったものはほとんど語られていない。

将来、『犬夜叉』が語られなかったといって悲観することはない。トップグループには入っていないものの『犬夜叉』は確かに人気作品だったのだ。それは現役のファンたちが自分で実感していることのはずだ。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )