被パロ 20021105

高橋留美子作品をパロディしたものについて嫌悪感を示すファンがいる。自分が好きなものについて異なる解釈をされるのが嫌だという気持ちは分からなくも無い。

しかしながら、高橋留美子作品は数多くのパロディを含んでいる。少しだけカテゴリーがずれるかもしれないが、『萌えよ剣』も同様だ。新撰組のファンはどのような気持ちで『萌えよ剣』を見ているのかを想像してみては如何だろうか。

きっと、相対的な視点を得ることができるだろう。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )