格付けサイトその2 20011124

「サイトの格付け」という単語に反感を覚えるならば「サイトの紹介」と言い換えてもいい。紹介サイトはラーメン屋ガイドブックのような役割を担うものだ。ファン界に詳しくなれば不要になるが、初心者にとっての存在意義は十分にある。

現在のところ、ファンサイトを代表するような公的なサイトは存在していないので、そのガイドブックは個人編集のものになる。現在でも、個人のファンサイトのリンク集にて「お勧めマークを付記」したり「そもそもリンク集に加えるか否か」という形式での格付けは多くのサイトが行っていることだ。

個人編集のガイドブックなのだから(ラーメン屋ガイドブックと同様に)やはり限界はある。サイト紹介を初心者向けに作ったとしても、肝心の初心者はやはりその紹介サイトそのものを見つけるのが難しいだろう。また、実際に「るーみっく定番リンク集」のようなものを作っても(そのリンク集がメジャーになればなるほど)そこから漏れたサイトからは反感を買うかもしれない。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )