共通話題の変化 20011103

掲示板やチャットなどの交流用コンテンツにおける最大公約数的な共通話題が「ルーミック作品(の全部あるいはその一部)」だったとしよう。多くの場合、交流用コンテンツが活発になるにつれて共通話題はやがて「ルーミック作品+α」に変化してゆく。「α」の具体例としては、食い物ネタであったり、鉄道ネタであったり、ルーミック以外の作品だったり、恋愛ネタだったりする。

その「α」に興味の無い人の多くは、その交流用コンテンツに参入しないか、そこから去っていく。ますます共通話題が「ルーミック作品+α」になってゆく。場合によっては、「α」比率の方が高くなってゆく。

交流用コンテンツを一般に開放している限り、この現象は発生し得る。交流用コンテンツ管理者は、話題を限定あるいは誘導するなり、αを容認するなり、ルーミック中心であることを諦めるなり、その交流用コンテンツを閉鎖するなり、α用の交流用コンテンツを併設するなりせねばなるまい。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )