チャットの掲示板的利用 20010802

チャットがリアルタイムなコミュニケーションを可能にするからといって、必ずしもリアルタイムなコミュニケーションをしなければならないわけでもない。

例えば、ログが長く残るタイプのチャットなら、掲示板的な利用もありえるわけだ。この場合の発言は、同時に入室している人たちに宛てたものではなく、後からログを見る人たちに宛てたものとなる。

この場合の問題は、同時に入室している人たちからはあたかも独り言(つまり、同室者とのコミュニケーションの意志無し)かのように見られてしまうことだ。従って、チャットルームの掲示板的な利用は、同室者にも宛てたメッセージ(話題振りでも可)であるか、事実上の在室者が1人であるときに限った方がよい。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )