異世界の銭湯 20010720

まるで空く有漢のようなレトロな町並みに、ひっそり佇む銭湯を見かけることがある。入ってみて、旧き良き時代を感じさせる内装を目にしたりすると、ある種のノスタルジアを感じることができる。

とはいえ、私の人生経験において、銭湯が真に懐かしいというわけでもない。実際のところ、「懐かしい」という議事感覚にすぎないのだ。レトロな町並みの象徴として、銭湯をイメージしているのだ。

別に『うる星』ファンでなくとも同様の思いを抱く人は少なくないらしい。なぜだろう?

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )