客席との距離 20010715

演劇やダンスや演奏などの出し物をメインとするコンベンションを企画する際に、しばしば心配されることの一つが「盛り上がらなかったらどうしよう」ではなかろうか?。

実際のところ、客が自ら盛り上がらなくても、主催者側の演出次第でいくらでも盛り上げることは可能だと思う。その基本は「客をいかにして巻き込むか」にあるだろう。陳腐な言い方をすれば「ステージと客席との距離をいかに短くするか」である。

演出は出し物自体に組み込むだけではない。サクラを配置したり。手の空いている出演者たちが一般客を案内したり応対するだけでもずいぶんと違うだろう。もっとも、後者については「私たちにホステスの真似をしろというの?」という意見があるかもしれないが(苦笑)。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )