たこやきのめぐみ 20010519

今日は、大月〜川越〜秋葉原というせわしない移動。

ろくに昼食が採れなかったこともあり、秋葉原デパートでタコヤキなど食べる。いつもより小振りなタコに数ビットほどの失望を覚えながら(面堂終太郎のごとく)まわりのメリケン粉を重点的に賞味する。もし、たこやきのめぐみが健在だったならば、どのように振舞うものだろう?

確かに、メリケン粉の部分もそれなりに美味しかった、空腹は最高の調味料であると実感。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )