着メロと工作 20010418

少し前の携帯電話の話。着信メロディを入力するさまは、昔のPCで音楽を鳴らそうとしてたのに似ている。多重和音も何も無いただの単音の羅列だけど、楽しいものだ。何よりも、自分がインプットしたものがちゃんとアウトプットされるという、工作にも似た感覚がすごく楽しいのだ。

『ラムのラブソング』などいろいろと入力したものだ。

余談。ドラム音を出す為にFDDの駆動音を利用する話を、ふと思い出した。私もNECのPC−9801F2(FDD駆動音が大きい初代愛機)で試したことがある。確か、『The BASIC』だかに載っていた技法だ。今のマシンのユーザーはこんなこと考えもしないだろう(笑)。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )