さくらさくら 20010329

近所の櫻の蕾もほころび始め、春を実感しています。今年は 例年よりもずいぶんと開花が早いようで、地元の「櫻まつり」の日まで花がもたないのではないかと心配です。

ちなみに、一刻館時計部屋にあった古いハガキによれば、そこ頃にサクラという人が住んでいたようです。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )