いつの日かきっと 20010222

既に標準となったWWWというものは、そう簡単に消滅するものではない。したがって、現在のWWWページは数十年後であっても(WWWサーバ上に存在しているならば)閲覧可能であるだろう。

ところで、今はしっかりとメンテナンスされているWWWサイトも、いつかは放棄されるかも知れない。そのようなサイトであってもWWWにおいては常に検索や閲覧の対象たり続ける。

後世のファンたちに親切な古文書たりたいものだ。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )