昼寝して見た夢

WWWで呪泉郷に関するアンケートがあったのだが、私はなぜか『うる星』の「動物になる〜」な温泉を回答した。アンケート結果を見ると、「病人溺泉」というのがあったので、『らんま』のどこか(重箱の隅)にあったけなと悩んだ。そのあと、知人たちと会って、なぜか彼らには既にそれぞれ3人の娘がいて、その教育について相違があるという夢だった。

その続きでか、イベントの夢を見た。この夢は昨年だかに見た(架空の)イベントの夢の続きのような気がする。なぜならば、使用会場が同じだった(しかもそれは架空の会場だ!)。前回は、徹夜組の人たちをまとめてイベントの開演を待つまでの夢だった。今回の夢ではその公演だった。最初に、オーケストラがあって新BGMの公演。音階がどんどん下がっていく曲だ。なぜか、最後にはみんなノリノリになってしまう曲だ。

私はもちろんのこととしてサイリュームや赤い指揮灯を振っていた。しかし、参加者は現代のファンたちばかりだったようでそういう盛り上がりかたをできる人が少なかったようだ。イベントの文化を伝承させなければならない!と夢の中で思ったことを覚えている。

少しホラーだったのは、出演者たちの顔がみんな「のっぺらぼう」だったことだ。これは、声優や歌手を再び集めるのは不可能だという暗示なのか、それともリメイク版についてのイベントが開催されるという暗示なのだろうか?

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )