忘れるもんか 199880220

新しいものが生まれるとき、古いものは消えて行く。消えて行くのは仕方の無いことかも知れませんが、消えたものを忘れてしまってはいけないんじゃないか、そう思います」。例えば響子さんにとっての惣一郎。そして、僕にとっての『うる星』や『めぞん』。一生、忘れないでしょう。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )