もうしばらく 19871000

あたる君とラムさんへ。結婚式の扉はなくなってしまいましたが、新しく作られた扉の中にはあの金色のノブの扉や他の幸せがあるでしょう。もちろんあの時に見た結婚式によ〜く似た扉もあるでしょう。2人にこの言葉を捧げよう。

When one door of happiness close,another opens; but often we so long ato the closed door that we do not see the one which has been opened for us. -- Helen Keller --

それらの扉が開かれることを祈りましょう。そして、君達はその扉へ向かって、未来に向かって行きなさい。私は閉じかけた『うる星』の扉を、もうしばらく見てますから…。

備考

KAC会報ムーブメント(1987年10月号)掲載。「もうしばらく」が十数年に及んでいることは言うまでもない(笑)。

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )